・ 平成29年8月14日(月)~16日(水)は,県立学校夏季一斉閉庁となります。
・ 2学年通信7月号を掲載しました。

・ 平成29年度オープンスクールを掲載しました。

・ 平成29年度夏季クラスマッチを掲載しました。

・ ストレスマネジメント講演会を掲載しました。

・ 第2回職業人講演会を掲載しました。

・ 第1回職業人講演会を掲載しました。

・ 1学年通信第3号を掲載しました。

・ 壮行式を掲載しました。

・ 平成29年度文化祭を掲載しました。

・ 広島県「みんなで減災」一斉防災訓練を掲載しました。

・ 平成29年度合唱祭を掲載しました。

・ 平成28年度学校諸費会計等決算状況一覧を掲載しました。

・ 平成29年9月転入試験実施要項を掲載しました。

平成29年度体罰セクハラ相談窓口を掲載しました。
平成29年度 学校経営計画を掲載しました。

平成29年度学校経営概念図を掲載しました。

平成29年度不祥事根絶に向けた年間行動計画を掲載しました。

平成29年度入試(平成28年度卒業生) 大学等合格者数を掲載しました。 

各種証明書等の交付申請について(在校生)を掲載しました。
いじめ防止のための取り組みを掲載しました。
1 平成29年度いじめ防止のための年間計画  
2 いじめ防止委員会設置要項
3 いじめ防止基本方針
 ・ 北高 月間予定表
全国大会出場
陸上部 小林 青君
放送部 中本 千恵 さん

科学研究部 平岡 弦己 君

中国大会出場
水泳 近藤君 信岡君
女子卓球部
陸上部 小林 青君
剣道部 栗田 嵩大君
女子ハンドボール部


女子バレー部
第70回 広島県総合体育大会 第5位

 卓球部
第66回広島県高等学校卓球選手権大会広島地区予選 男子
シングルス 5位 古地 赳琉 君
第67回広島県高等学校卓球選手権大会広島地区予選 女子
ダブルス5位 戸田・北井組
卓球部
総合体育大会広島地区予選
男子 第5位 県大会B級出場
女子 第5位 県大会A級出場
女子バスケットボール部
第61回中国高等学校選手権大会 広島県大会
ベスト32
女子バレーボール部
平成28年度広島県高等学校バレーボール新人選手大会
第5位

第25回中国高等学校新人バレーボール大会出場決定

 あなたは 人目の訪問者です。
〒731-0138 広島市安佐南区祇園八丁目25番1号
Tel: 082-875-4607  Fax: 082-874-9343

広島県立園北高等学校
               
                                                
 トップページ 学校行事・部活動  理数コース 受験生の皆さんへ 在校生・保護者の方へ  事務手続き   アクセス
 new                                                   部活動成績


















































 
 学校案内  お知らせ  更新履歴
★詳しく見る★
                                     
校長あいさつ  第12代校長  柞磨 昭孝
 

                             ごあいさつ
 このたびは,祇園北高校のホームページにアクセスしていただき,ありがとうございます。
 本校は,昭和58年に普通科の高校として開校し,本年度で35年目を迎えました。平成15年度からは,普通科に理数コースを設置し,今日に至っています。開校以来「文武両道」の精神を貫き,「文を深め 武を究む」を教育方針として日々教育を行っています。

 近年,学校を取り巻く社会環境は大きく変わり,知識基盤社会が到来し,グローバル化もより一層進んでいます。教育はコンテンツベースの学びに加え,コンピテンシーベースの学びの色合いを濃くしています。このような変革期において,本校は,平成27年度に県教育委員会から「活用コアスクール」に指定され,以来継続して「課題発見・解決学習」に関する各教科のカリキュラムを開発し,実践してきました。

 本校では,主体的な学びについて,生徒自身が問いを持ち自己内対話をすること,他者と協働すること,学びを振り返ること(省察)を要点としています。問いを持ち自己内対話をすること,他者と協働することは,二律背反なことではなく,いずれも対象(自分自身や他者)に働きかけ,フィードバックを得る営みです。この営みによって一層成長が促されます。

  また,学習者基点の学びを軸とする授業デザインを進めており,生徒の成長を促すためのフレームワークとして,ICEモデルを取り入れた授業を展開しています。ICEモデルは,IdeasConnectionsExtensionsの3つをフレームとしている非常にシンプルでポータブルなモデルです。本年度は,Extensionsに位置づく「本質的な問い」を中心に授業を構成し,生徒の成長支援をしていきます。

  理数コースでは,科学研究実践活動推進プログラム(指定事業)など特徴的な教育活動を展開し,探究プロセスに重点を置いた取組を行っていきます。
 グローバル化への対応については,海外姉妹校や大学等の関係機関との連携を強め,キャリア教育の視点に立った独自のプログラムを編成し,実施する予定です。

  生徒が自己や他者との対話を通して能動的・協働的に学び,成長実感に支えられながら自己肯定感を高めていくことができる教育の創造に全力で取り組みます。引き続き,本校へのご支援ご助言をよろしくお願いいたします。

平成29年4月1日
  
平成29年度 北高の経営概念図

  

                                         このページの先頭へ

沿革   

 
  
このページの先頭へ
教育方針・教育目標
 

「文武両道」の精神のもと、「文」を深め、
  「武」を究め、高邁な志を抱く青年の育成に努める。

◎ 人間性豊かで 人命尊重の精神にみちた人間の育成に努めます。

◎ 学業に専念し 自己の理想をめざしていきる人間の育成に努めます。

◎ 心身ともに 健康で責任感強く 実行力のある 人間の育成に努めます



                               このページの先頭へ
 
  教職員が一致協力し,和と礼の精神を基本として,明るくさわやかな中にも厳しさのある学校づくりに努める。
  生徒一人一人の学力実態や進路志望に即応した多用な教育課程を編成するとともに,学習指導の創意工夫に努め,基礎・基本の確実な定着と個性を生かす教育を充実する。
  各教科や特別活動などにおいて,例えば,環境整備や美化,ボランティア活動等を通じて,豊かな人間性や社会性,国際社会に生きる自覚を育成するとともに,人命尊重の精神に満ちた人間を育てる。
  体験的,問題解決的な学習の充実を図り,思考力,判断力,表現力を育成し自ら学び自ら考える力を育成する。
  生徒や地域等の実態やニーズを十分に踏まえ,
創意工夫を生かした特色ある教育活動を展開する。
学校経営計画    進路状況 
                                 このページの先頭へ
校訓        校章  
 

敬愛 信義 忍耐




 

本校は、武田山の庵に位置しています。この地は、その昔蒙古来襲に際し安芸に下

向した武田信時を祖父に持つ武田信宗が、鎌倉時代末期この地に居城として築いた

銀山城の跡を残す。歴史にその名を刻むこの地に築かれた学舎で、生徒が祖先の

歩んできた道を尊重し、現在をみつめ、未来を展望し、円滑な人格を身につけ、その

資質を発揮することを念願して、人格円満を象徴する円を台座にし、その上に、武田

氏の紋章武田菱をデザインしたものです。
 

校歌   
 


                                                       作詞:校歌制定委員会
                                                  監修:柳川清
                                                   作曲:丸濱千春
                                                  編曲:南弘明





  1 武田の山に 光満ち 2 太田の川の 水清く  3 瀬戸の島山 はるばると
    理想を高く うたうとき   不滅の流れ 響くとき   ゆく手を遠く 望むとき
    祇園の丘に 集いたる   清新の気に あふれたる   ゆたかなる道 たくましく
    われら学ばむ ひたすらに   われら励まむ ひとすじ   われら進まむ たゆみな
    大地を人を 敬わむ   まことの道を 貫かむ   耐えゆく心 育まむ
    われらわれら 若人われら   われらわれら 若人われら   われらわれら 若人われら

このページの先頭へ
 制服  アクセス  
 平成27年度から制服が新しくなります!
 
  〒731-0138
  広島市安佐南区
  祗園8丁目25-1

バス
  古市橋駅前下車
(旧国道)徒歩約15分
  下古市下車徒歩約20分
最寄バス降車後徒歩10分


JR
  古市橋駅下車徒歩20分
アストラムライン
  大町駅下車徒歩約25分
    
              
                                   このページの先頭へ

○○学校